staff blog スタッフブログ

日本の帽子の始まり その2

こんにちは!帽子屋和心 神谷です。

週末皆様、どうお過ごしでしょうか?
私神谷は、やる事が沢山で・・・
休みの過ごし方って、本と人それぞれですよね。
わたしは詰め込む派です。
この性格、直したい!!!

さて、本日は、日本の帽子の始まりその2。
前回は、江戸時代後、あたりのお話でしたが・・・

帽子のそもそもの始まりをいろいろな資料でみると、
ずいぶん昔から、帽子というよりその類似品や、
帽子の前身らしいものがあることが実証されているそう。

古くは、はにわの中にも帽子をかぶっているものが発見されているとか!
日本では、神代紀の作笠(かさぬい)が、帽子の始めといわれているそうです。

奈良時代に官制が定められて68三年(天武11年)に漆紗冠と圭冠ができ、
のちに発展して烏帽子となり。

烏帽子は、奈良時代から江戸にいたる男子のかぶりもので、
本来は日常用のものでした。

奈良朝のころの絵には、大工さんが烏帽子をかぶっているのが見られ、
これが平安朝に入ると、はっきりとそれをかぶる人の身分階級をあらわすようになりました

公卿は直衣、狩衣などの略装のときには烏帽子をかぶることとなり
、黒漆塗りの絹紗あるいは麻製と形式が定まり、
水汲や下男など身分の低い人はど、木綿のような布地を使い、これを萎烏帽子といいます。

鎌倉、室町、戦国時代になると、帽子は戦争の必需品となりましたね。

鎌倉時代は、前代につづいて男子はもっぱら帽子を用い、その発達には若しいものがあった
女子は広巾女笠を用いたが、身分の高い女性の被り物として、
常盤御前がかぶっていた常盤笠が知られ、これはうるしで塗妻折といわれました。

江戸時代にはいると、笠、帽子、頭巾など被り物の種類はますます豊富となり、
これが天下泰平とともにはなばなしく流行しました

この時代に笠は広く男女にわたって用いられたが、
頭巾は主として男子の被り物とされ、帽子はもっぱら女子の被り物として発達した。

その後、歌舞使俳優の野良帽子にならって布寓で作られたものが多くなった。

これらはいずれも元禄時代の流行品であるが、その後百年の文化、
文政時代には帽子をかぶることがすたれ、
お高祖頭巾になりました
やはり、帽子の歴史は明治以後に、という形になり・・・

先週の帽子の歴史、といった結果に陥りました(笑)

少し長くなりましたが、本日はここまで!
それでは、また!


Posted by washin1115

シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積