staff blog スタッフブログ

夏の猛虫スズメバチ、すらりとした翅のワンポイント!

皆様こんにちは。
Y.Yでございます。
Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!

皆様夏をエンジョイしていますか?
caperin1
六月も後半、今年もここからどんどん気温が上がっていきますね〜
~(p;′∩`)Q モウムリ…
麦わら帽子で夏を乗り切りましょう。
頭に直接当たる日光がなくなるだけでも大分違いますよ!

さて、夏シーズンになってきたせいか、今日は職場に思わぬ来客がございました。
そう、蜂です。多分アシナガ。
屋外ならばよかったのですが、室内は危ないのでさすがにスプレーでシュッてしてしまいました。先輩ありがとうございます。
南無…

皆様蜂はお嫌いですか?
実害のある昆虫なのでどうしても身構えてしまいますが、蜂は広い視野で見れば人間にとって益虫でもあります。
ハチミツを生産するミツバチは勿論ですが、
スズメバチなどの肉食性の蜂の主食は同じ昆虫。
農作物に害を及ぼす他の虫は軒並み彼らにターゲッティングされるため、農業で頭痛の種となる虫の食害を減らしてくれる有り難い存在です。
(ただし気性の荒い種類は養蜂場のミツバチまでも襲ってしまうため警戒されていますが…)

また、スズメバチの成虫や幼虫は古くからタンパク源として重宝されていました。
特に一日に100km近く飛ぶオオスズメバチはスタミナ栄養食。
子供の頃にスナック感覚で幼虫や成虫を食べていたという方もいらっしゃいます。

尻尾の毒で毎年死者を出しているスズメバチ、
民家の軒下などに巣を作られたらさすがに対処するべきですが、
森の中で過ごしている彼らにまで目くじら立てるのはほどほどにしておきましょう。

蜂は熊への対処の本能から黒いものを警戒し、香水などのきつい臭いや音で殺気立ちます。
山の中では明るい色の服を着て、虫に刺されないよう長袖を着用しましょう。
そしてくれぐれも、素人判断で蜂の巣を攻撃しないように!
スズメバチでもミツバチでも、集団で襲いかかられてしまっては人間はひとたまりもありません!

そんなわけで本日もわが社の製品をご紹介いたします!

03021545_54f4070c13ebc

06191715_5583cfa676aed

スズメ蜂釦飾

スズメバチの戦士が翅(はね)をひるがえすのは女王へ忠義を示すとき。
いさましいスズメバチの翅をモチーフにした帯留めです。
美しく繊細な虫の翅(はね)をブローチに落とし込みました。
「蜂」をモチーフとしており、透かした所からは伸びるチェーンの先には蜂蜜をかためたようなシトリンをあしらっています。
薄い所を一段落としヘアライン仕上げでマットに表現、
翅脈(しみゃく)と呼ばれる羽根の筋を磨きで仕上げることにより、
光に当てた時に翅脈がきらりと光り、羽根の造形が浮かび上がるようにこだわりました。

スズメバチの雄々しい翅をそのままデザインに取り込んだアクセサリーです!
ブローチなので服に付けるもよし、鞄に付けるもよし。
帽子につければシンプルな麦わら帽子もきりりと引き締まります!

それでは失礼いたしました〜 ( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by washin1115

シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積